忍者ブログ
むぎめ!!とは・・ 「豆乳飲料 麦芽 コーヒー風味」  おいしいよ  
[570]  [569]  [568]  [567]  [566]  [565]  [564]  [561]  [560]  [559]  [558
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アニメ「風たちぬ」を
今頃見ました



私は・・100点満点中80点
ってとこかな

このアニメの前に
漫画で「永遠の0」を読んでいたので
この2つが相乗効果を上げて感動作品になったと思う


公開当時は、できれば宮崎作品を映画で見たいと思っていたけど
予告編を見る限り、なぜか興味を持てず
ずるずるしていたら、いつも間にか終わっていて
しかも集客率悪いとか、宮崎さんがこの作品で引退とか

よろしからぬ情報ばかり


今なら言えるけど
当時のあの予告は、悪いよ
本当に映画の本質を表してなかったように思うし、
もうちょっと、主人公の生き様を主体にしてくれればな~
高原で風に吹かれるヒロインとか
風たちぬの題名と彼女の絵でイメージが
ミスリードされたような思いがする


で、ああこれ、映画で見たかったと
後悔したんだよね







そして「永遠の0」
「風たちぬ」を見る前に
ゆたにいから借り手読んでいた

これは特に映画で見ようとは思わない
漫画で十分
当時の戦闘機乗りの思いや、ゼロ戦に対する信頼や
戦闘に対する状況を実写にすると嘘くさく見えるから

そして読後は・・泣けた


「風たちぬ」ではゼロ戦の製作者、
堀越二郎の飛行機に対するあこがれや
意気込みなどが描かれており
どのような思いで飛行機が制作されていったかを知り
彼によって生み出されたゼロ戦が
「永遠の0」で
戦争により搭乗者となった宮部久三の人生と
彼の周囲の人生を巻き込んで
戦闘機に乗る覚悟や悲惨さを描いていた


風たちぬのエンディングに
無残に破壊されたゼロ戦

永遠の0の最後宮部が特攻が失敗して死んで
敵艦からアメリカ兵によって海に投げ出された
ゼロ戦が沈んでいくさまが・・
リンクしてやりきれなかったな


苦い思いを持ったけれど
アニメだから描ける真実、てのもあって
この2つの作品を、この夏の感動作品として
心に残ったです

お勧め
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[07/20 佳瑞実]
[11/21 佳瑞実]
[06/04 APRIRI]
[06/04 hiro]
[05/27 APRIRI]
プロフィール
HN:
APRIRI
性別:
女性
自己紹介:
日常の 出来事、思いつくままに書いちゃいます
バーコード
ブログ内検索
お天気情報
フリーエリア
フリーエリア
合計:無料カウンター 本日:セフレ 出会い 昨日:無料 出会い系 無料 出会いweb制作無料・出会い系熟女アクセスランキング
フリーエリア
フリーエリア
忍者ブログ [PR]

material by: