忍者ブログ
むぎめ!!とは・・ 「豆乳飲料 麦芽 コーヒー風味」  おいしいよ  
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
5年ほど前に主人と城崎旅行へ行ったけど
そのときに行けなかった場所がある

主人と一緒に見る予定だった場所を見てみたいと
思い続けていて
今回思い切って行ってきた

勤務表が出てからの二連休だったので
予約まで1週間を切っていたけど
希望の部屋がとれたのはチョ~ラッキー!


娘を誘って、孫二人つれて
台風が近づいていたけどお天気は 少し協力してくれて
すてきな景色を見てきた

景色だけでなく、泊まった旅館(ホテルではない)も
すてきだった





まずは、行きがけ舞鶴播但自動車道の下りSA西紀 
ここのランチはおいしかった&すっごくおなか一杯
食材と食器も凝っていました



泊まった所は西村屋本館
お部屋は「初音」
サービスよくて4ヶ月の赤ちゃんのためのお布団と
おむつバケツ用意してくれてる

西村屋のお庭





ドアに宿泊者の名前を張っていて
(匿名も可)なにげに見てると外国人多い!
日本人サイズの廊下で出会うと逃げ場がない

でもって建て増しの建て増しで
迷子になって自分の部屋にたどり着けないこともあった


城崎の町に出かける
意外と木曜日定休日が多くて
以前に行ったお店もお休み
ちょっと残念

台風のためか風が強くて柳が揺れてた




電車が通る瞬間、撮れたよ

 
お部屋付きの露天風呂
少し残念なのは、温泉のお湯ではなかったけど
赤ちゃんがいたので
大浴場よりは、ということで選んだ

10月というのに30度近い気温なので外湯は
気持ちよかった
右上の半円容器は、蚊取り線香!!


お部屋食
仲居さんが次々と並べてくれて
おいしくて最高ですよ
今年初めてのカニと松茸
至高のお食事

翌日は本来の目的である城崎ロープウェイ

右にある杖を私は使ったけど
娘は赤ちゃんを抱っこしたまま、私より先に登る
さすが若い・・



山頂からの日本海と円山川
そして城崎の町並み
この風景を見たかったんだな


山頂のカフェで食べたわらび餅パフェ
おいしい

そして我が家に向かって帰宅
自動車道はまだ建設中なので、それまでは
円山川沿いに走る

途中玄武洞という観光地があるけど
今回はスルー
以前、主人と行ったときは橋がなくて渡し船で
対岸まで行ったんだよな
なんて思い出しながら帰る





PR
長男の結婚式が9/14に滞りなくおこなわれました
実家からは叔母と叔母の娘さんも参加してくれました
いつも少ない親戚だったので、今回は気持ちが華やかになりました

朝8:30入りしてヘアセットと着付け
11:30 挙式だったのですが
娘夫婦が渋滞に巻き込まれ、時間に間に合わない?!
というどきどきもあったのですが

さすが娘婿さんは、伊達にスカイライン愛好者ではなかった
場所は新神戸駅近くのANAクラウンホテル



この写真は30階披露宴会場のあるフロアーから大阪方面の写真
最初見たときは怖い!が感想


こちらが南側、港が見えます
このようなことがない限り来ることはない場所ですからね

さて結婚式の写真
以下たたみます

人物出てる分は顔出しOKで!
今年1月13日 家族でホテルニュー淡路に一泊
メンバーは
私・寛・和美・潤さん・弥
この5人メンバー一室借りて
豪華食事と温泉三昧

早めに予約して、土日宿泊
祝日前は混む&高いだけど
寛の保養券使用と1室だと割安になる

しかし潤さんは気を遣っただろうな

食事はふぐと淡路牛とか
けっこうお腹大きくなった 
お風呂は室内露天と大浴場 夢泉景に
以前見たく何度も行けない自分にすこしショック

朝ご飯も食べてゆっくり出発
徳島ファミリーランド

ここで良かったのか、と後で後悔もしたけど
それなりに楽しんでくれた様で良し斗しよう

家族楽しく過ごせた
私の60還暦旅行だった

ホテルから
ぱぱの宿泊履歴があって
足の悪い方は大丈夫でしょうか、斗聞かれたときは
思わず涙、だったよ

写真


淡路ハイウェイオアシスでのランチ
パスタがおいしい



本土側を望んで



ちょっとしたインテリアが良い



今から大浴場と露天風呂
さすがのお部屋とか遊園地の写真は顔出しになるので
控える
一番の特徴は、旅行をしたということかも

実家に帰ることも泊りがけなので私にとってはプチ旅行

3月 父の一周忌 実家へ
5月 友人と福岡長崎へ三泊四日旅行(宝塚観劇とハウステンボス)
4月 主人の納骨、お墓を作るため実家へ
7月 主人の一周忌と初盆法要のため実家へ
9月 墓参り
10月 名古屋へ旅行(水族園と名古屋城)
12月 東京へ三泊四日旅行(バスツアーと宝塚観劇)
12月 墓参り

日帰り旅行も行っているので
それを加えると

2月 淡路島水仙郷
3月 近江八幡左義長祭り
5月 淡路島県立自然公園
7月 滋賀県函館山北琵琶湖ドライブ
8月 猪名川から新名神 宝塚ドライブ
8月 宝塚観劇 友人
8月 明石 出産お祝い
9月 明石特撮のDNA展
9月 明石 お誕生お祝い
10月 孫運動会
11月 三田シイタケ狩りバーベキュー
12月 ルミナリエ

自分でも驚きだわ。。
貯金たまらないのも無理ないな
行ったことを後悔するんではなくて
この年に集中していることにびっくり

車を手に入れたことも
主人の法要も、孫が生まれたことも
還暦のお祝い旅行も、集中豪雨も台風もすべて
この年に集中しているって思った
プラスこれに宝塚観劇が30数回追加されている・・onz


職場の人と淡路島屁ドライブに行ってきた。
目的場所は立川水仙郷とたこ煎餅の里
そして高速道路に慣れることがメイン

慣れない私とのドライブにつきあってくれる友人に感謝
でも話を聞いたスタッフが心配して二人一度に怪我したら大変よ、だって
そう職場が・・混乱するだろうってこと

でもこうして無事に帰ったよ

中国縦貫から明石大橋へのルートが遠回りであっても
迷うことなくスムーズに行けることがわかった。
帰りは阪神高速でもいいかな、と思う


最初の水仙郷は、黒岩と立川と二カ所あったっけど、主人と行った黒岩は
今回駐車場の問題でパス
主人の運転でもかなり場所の悪いところだったので、自分では無理だと思ったので
そして立川の水仙郷も同じかそれ以上えげつない駐車場


友人がおっかなびっくりの恐怖だろうと思う。でも私もそれ以上
でも
走り始めたら、どうしようもないじゃない!

そんな恐怖の場所の水仙はしょぼかった・・
(時期が遅かったかも)
インとアウトの道が違うけど、帰路も相当な道だった。左に寄れば脱輪 右に寄れば山肌でボディ擦る
というもう、前しか見ない

ごめんよ Mさん
まさかの狭路と落下するかの様な下り坂と悪路。高所のガードレールなしの山道とか、都会ではあり得ない道満載だったとは
水仙もなにもすべて記憶から削除するドライブだったっす。。。



気を取り直してたこ煎餅の里へ行って試食
買い物して帰路についた
途中サービスエリアに行ってたこ焼き食べたけど美味しかった


一般道に入ってバイクのすり抜けが怖い!
いろいろ合ったけどまあ無事に付いた
今度は大塚美術館に行ってみたい
と、調子に乗っていたら
やらかしてしまった!!



2日から実家に来ています

母から猫についてさんざん話を聞いていて
興味を持っていました

やっとご対面しました

田舎の家なので、米とか狙ってネズミが徘徊し始め困っていたので
猫をお迎えしようとしたとき
川のそばに捨てられていた猫を見つけたのがこの子

目が空いていたので、幾分育っていたから元気に大きくなって
今は4ヶ月です

母は、猫は全てミーちゃんなので
知人がモネちゃんと命名してくれました

写真で背を丸めてフー!!
してるのは犬のクレバーに対して










主人の四十九日の法要も終わり、実家の母たちを見送り
再び入院生活。
レントゲンの結果、バストバンドは外れ、三角巾のみ使用
足は現状維持。装具は2ヶ月間、10月7日頃まで使用と言われる
バストバンドが外れる、ってことは右上肢のリハビリが始まる

まず持って、肘が伸びない。先生に言われた、振り子運動がマジ痛い
こんなにも自分の腕って動かないんだとショック
診察台に寝て、右上肢のromを行う。この日から午前午後とも上肢のリハのみ
徐々に関節延びて言ってますよ、と励まされながら鈍痛と戦いながらの訓練

そういえば、長男は小学生の時右上腕の骨折、次男は15,6歳の時右下腿骨折
いずれも1ヶ月そこらで治癒しなかった? リハビリで苦労してないよね
そんなに通院してなかったし
と思いながら自分と比較してみる。
やはり、年ですか・・

肩は結構複雑な動きするので、いろいろな動作を繰り返し行うんだけど
理学療法士さんも難しいですよ、と言われる
自分ではどこまで回復していっているのか、どのような状況なのか
娘に言うも「私、肩のリハビリ受け持った件数少ないから」とスルーされた
まあ整形外科でなければ、あまり症例ないのかな

一日のリハビリが終わった後に、しばらく使ってなかった湿布を取り出して
肩に張っています
週末はリハビリはお休み。ふりこ体操と浮腫てる指の運動を勧められた。
21時消灯だわ。
じっと我慢の安静期を過ぎて
レントゲンの状態見ながら、右足荷重の許可が出た!
車いす自走や移乗は出来て、あまり介助を依頼せずに
それまでやってこれたけど脱、車いすは嬉しい

本格的なリハが始まって担当の先生が迎えに来てくれる
当然リハビリ計画書もあってサインしました

初めてのリハビリは、荷重訓練
アナログな体重計を二台ならべて乗る
で、足踏み
患足にどれだけ体重がのるのか練習
意外と最初は1/4とかで、先は長い
それでも毎日2回リハビリをして
(やはり回復期病棟だからなのか、
通常は1回だよね)
ステップアップして
平行棒の中での歩行練習、松葉杖の歩行
松葉杖で階段昇降と、一般道路歩行と練習重ねました

そして9月2日と3日 一泊二日の外泊許可をもらい
再び家に戻りました

この時は本当に我が家で自由という気分味わいました
自爆事故なんだけど
幸い転倒の仕方が良かったためか、頭部打撲もなく
整形外科患者となった
骨折2カ所ともズレや粉砕がないため、保存療法がとられた
かといって、自宅療法ができるわけでなく、
本当に右麻痺状況
それがどんなに悲惨だったのか、8月21日 負傷から2週間たった日に

どうしても必要に迫られ。自宅へ外出したときに思い知らされた
車いすで迎えの車に乗るは可能
しかし玄関段差からすでにハードル高く、この段差をいかに越えようか
四苦八苦した
3階建ての2階スペースまで、お尻で這う。そしてキャスター付きのイスで
部屋を移動というまさしく修羅場だった

状況によれば、却って手術して骨を固定すれば、荷重をかける事も早々にでき
まさしく2週間で退院もあり得る
のではないか、と自分を比べて考えた(だけ)

6週間という入院で、急性期病棟2週間、包括支援病棟4週間
レントゲン見ながらのリハビリのステップアップは確実なんだけど
自分の子供の骨折の時を思い出して

年齢を考えると時間も費用も身体的苦痛も
比較ならないぐらい重い

たったほんの数秒の判断ミスで
このような結果になって
周囲に迷惑かけてると思うと

いやそれよりも職場復帰後も以前のような動きが取れないとなると
と考えると、ますます鬱になりそう
このぶろぐは、病室で書いてます。
病院といったら、主人がお世話になった労災病院
お見舞いの傍ら、ではなく私が入院
そう交通事故で救急車で運ばれて入院になったんです

といっても8/4のこと、バイクで走行中に雨でスリップして
転倒という自爆事故です
右手上腕外科経骨折、右足頚骨高原骨折という診断名が出ました
診断書で3ヶ月の療養を要する、ですって
幸いなことに患部部位のズレがなくて、保存治療です
でもほぼ右麻痺と同じ

お盆過ぎて下肢装具を付け、22日から荷重訓練
松葉杖となって随分行動が広がってきました
今は退院日が決まって、それまでに固定して固まった間節の可動域をもどすこと
装具は使用したままだけど歩行、を目標にリハビリしてます

退院は9/22を予定してます
朝6時頃目が覚めた
夜中に風が強くて熟睡とはならなかった

朝風呂に入って、7時に朝食
8時に出発との予定

で、私のめがねが無い
探したよ
もしかしてお風呂場に忘れた?って事で
朝には男風呂に変更した、脱衣所に職員さんに見てもらったり

チェックアウト時には見つかったけど、周りに迷惑をかけてしまった
特に主人は、この先長い道のりを自分が運転しなくてはならないのかと
不安にさせてしまっていた
楊貴館 ↓


そんなトラブルの後、美祢東インター近くまで主人が運転した
2年前私たちが宿泊した大谷山荘前を通った
このホテルがプーチンさんとか大物政治家が利用するとは思って無かったよ
大谷山荘 ↓


さてインターから中国動に入りしばらく走行すると、分岐点があって
山陽道へ車は進入するけど、私は中国道オンリーでそのまま進む

快適にドライブをするけど
サービスエリアによってトイレへ

そしたら頭の上から「中国道通行止め」と・・
慌てたね
従業員にかくにんしたらマジだった
マップをもらって、主人に伝えたら 
「このまま行ってしまえ」「雪降ってないし。大げさなんだよ」
「道理で 車少なくて道路独り占めだったのも このためか」

と言うことで一応走った
けれど検問で引っかかって、チェーン用意してないし
当然ノーマルタイヤ
高速道路下ろされた

昨晩の風は、中国地方に雪を降らせたんだ
道路脇の民家や山は雪をかぶってるし

うそだろう!! 今は3月だよ
前回は2月の旅だったけど、ノープロブレムだったし

ブツブツ言いながら、六日市インターから167号線へ降りて山陽道
岩国インターへ向けて走る
しかし川沿いの一般道 対向車はトラックだし
もう私には無理、って運転を交代してもらいました


1時間近くロスして岩国から山陽道に入り宮島サービスエリアへ
この時すでに12時を回っている

気を取り直して頑張ろうと尼崎に向かってドライブ再開

いろいろありましたが、18時過ぎ
無事クレバーをペットショップホテルから引き取りできました
山口の旅
角島に向かう
島に渡る橋を通り、島の展望台に立って対岸を見ると
一挙に記憶が飛び出し
「私は以前ここに来たことがある」


そう・・立花病院の職員旅行でこの値に来て
対岸の長門リゾートホテルに一泊していたのよね

バスガイドさんからの説明で島との海峡で
波の形が珍しい、島に渡れば景勝地があるとか
ホテル前の砂浜から角島(当時は名前知らなかった)を眺めていたなあ


角島の灯台に行って展望台から海を見ると
西からの波と東からの波がぶつかり合って
白い波頭が綺麗だったけど、風が強く寒くて早々に降りた
お土産さんの人に橋ができた敏を聞くと2001年頃

と言うことは、私が来たときもう橋は架かっていた
なぜ目前まで来て角島に行かなかったのかな
せっかくなのに渡れば良かったのに
と、思えば今回主人とここへ来ただろうか?




不思議、本当に記憶って忘れるのね
でも、山口に旅行、海のそばのホテルっていうのは
覚えていたよ、まるっきり記憶喪失ではない
でもって一つ重い出すと次々思い出して

道の駅に行く途中の標識に「特牛」とあってこれを「とっこい」と読む事や
この地方に楊貴妃伝説があって ご丁寧に楊貴妃のお墓があると
バスガイドさんが説明してくれていました

と言うことで2泊目は
「楊貴館」というホテルです


主人がチョイスした、ホテル
すっごく泉質が良くて、湯上がりは自分も楊貴妃の気分
利用中3回入ったよ
家族風呂と、大浴場
めっさ寒くて露天風呂は1回だけ

お部屋は、角部屋だったのも合って眺めが良かった
しかし、風光明媚って言うのなら
角島の見えるホテルなんだけどね・・
でも使い勝手が良いのと、
用意してくれていたお茶菓子がおいしかった

お食事は、まあ普通
以前の淡路島のホテルや、宮島のホテルと比較すると
どうしても見劣りしてしまう

しかし、すべてを期待できるほど
リッチではないから
今回は本当にお風呂を堪能したよ


そして満足して眠りに着いたのでした

2月になって主人から、山口県への旅行を誘われた
2年前の2月 子供達と4人でフェリーを使い、大谷山荘宿泊という、
豪華ツアーを経験して、さらにもう一度?

主人は今回新造船に乗る事と、以前キャンセルした角島へ行きたいと


3月7日8日に行ってきました

名門太洋フェリーは、意外と多くの乗客がいてびっくり
その中でスイートルームは本当に贅沢だった


しかし最初に乗ったサンフラワーには及ばないけど
こんな贅沢ありがたい

差額分は楽しもうとバスタブ使ったり、冷蔵庫飲料水(水)飲んだり
明石大橋の写真を部屋から撮ったりしてた


換気扇やエンジン音も低くて余り気にならなかった
明け方揺れや音に目が覚めて、今来島海峡辺りって気がついた
潮の流れってすごいよ



新門司港に接岸


港着いて、山口県へ
コースは2年前と同じ
そして角島へ向かう
3ヶ月ぶりに犬の美容室へ行った

ネットからデザインを落とし次回はこうしようと
主人と話しして、大まか了承とったけど、
肝心なところが主人と意見が食い違った

結果仕上がりが・・


「誰か呼んだ?」


てか、あんた誰?状態

「わいや、わい
クレ助や!」




「ちょっと以前の面影あるやろ」



「しかし、その胴回り・・
どれだけ水増しされているんだか」



私は「バリカンカット」を、と言ったのに
主人は「寒いので短くしたら風邪を引くからダメ!」
と譲らない

できあがりがこれ



トリマーさんから
注意を受けたんだけど、
毛が長いのにブラッシングがされてなくて
毛玉でき放題
次回同じような状況だと、バリカンカットとなりますよ、
わんちゃんのために
寒かったら 洋服を着せてね

でなければ毎日ブラッシングして上げてください


おっしゃる通りです
はい

昨年11月のクレバーは
こんなに可愛かった
2年前ぐらいかな・・

今の家に越してきたから
悩まされてきたけど
この言葉は今日初めて知った

「モーニングアタック」


今日は朝から雨が降っていて
雨音で目が覚めたけど
その直後に襲われた!!

もうしんどい、苦しい
涙目になる

鼻づまりとくしゃみと鼻水と咽頭痛

ヒーヒーいいながら
くしゃみ連発

時計を見ると朝の5時

起きてエリザス点鼻薬使って
エバスチンとパブロン鼻炎用を服用する

毎朝5時に襲われるこの症状
アレルギー性の鼻炎とひとくくりしていた
でもあまりにも今日の症状が強く
出勤も主人の送迎してもらうほど


どうにかならないかとネットで検索したら
この言葉に行き当たった
まさしく朝の攻撃 

詳しい内容は「花粉症へぇニュース

分かったというか、へぇ~となったのが
「起床時は自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスが移行するため、
それにともなって鼻の刺激過敏性があがるからではないか」

自律神経のバランスが悪い!!

って事に落ち着くのか、私


主人のがん治療について
詳しい記録を付けていなくて
気おっ雲おおざっぱなのだけど

今転換期に来ている
それは、積極的治療を行わない
と意思表示したから


肝臓のがん摘出術を行い
その後CTによって残存した腫瘍が大きくなってきている
その結果で化学療法が始まった

2016年から
ベクティビックス
アバスチン
カンプト 
薬をかえながら実施したけれど
7月にカンプトで甚大な副作用を起こしてしまい
7月13日救急入院
白血球が500まで減少していた

白血球を増やすという皮下注をして
回復したけれど

この時が過去のいかなるしんどさよりも一番つらかったみたい

その後科学療法はやめて経口の
抗がん剤へ変更した

9月スチバーガ
血圧が上がるとか副作用よりも
皮膚と手足症状が強く出始め
そのためのケアも大変
本人があまり苦痛をいわないけど
しびれやそのほかの症状はでていたのかも


見かねて中止して ロンサーフに変更してもらった
そして今に至る

今年に入って
主治医から再度化学療法の再開を勧められている

主人は断った
そして今日の診察では時系列の検査データーを渡された

私も勧めた
「これが最後のチャンスかもしれない」
「今を逃すと手遅れとなる可能性がある」
しかし
答えは同じだった
1月に高知へ行った時
雪の心配がないという理由で
みんなが勧める淡路経由のルート
自分で運転したことがなかったので
このコースをを選択できなかった

なので今回、私でも運転できるように
教習してもらうことに

主人が助手席に乗ってもらい
尼崎西から阪神高速を使って
道の駅 あわじへ「穴子丼」食べに行きました

阪神高速では
自動車教習所で高速教習した時を
思い出す・・決していい思い出ではないけど

阪神高速も月見山近くになると
グニュングニュンと大きなカーブがあって
ここからプレッシャーがかかり心拍数があがる

料金所をくぐって左→左→名谷ジャンクションへ行って右?
トンネルに入ったら やっと明石海峡だ~!!

主人が、今まで何度も通った道なのに
横にいて何してたんだって聞くから
「カメラもって写真撮ってた!」

だよねえ 景色壮大だもの
運転してたら 本当目に入らないよ

淡路サービスエリアで降りて
一般道に入ると 路肩に菜の花がさいてて
とても綺麗だった
でも写真撮れない・・

道の駅は、風が強くて
台風並みな風で、帽子が飛ばされるぐらい
ちょっと経験したことない強風
だけど、来たっていう証拠の写真は撮ったよ


大慌てでお店に入って目的のどんぶりをいただきました


うっかり一口たべちゃったけど
結構お腹いっぱいになりました
隣は玉ねぎとわかめ(淡路名産)のお味噌汁

もうおいしかったよ
すっかりお腹いっぱいになってお店出ると
明石焼きの看板が・・
ああ~もし食事前だったらきっとどんぶりか明石焼きかで
迷っただろうな

帰りは、やはり名谷のジャンクションで
ルートを間違えそうになるし
料金所をでて阪神高速のルートに入る時が
車どおしのニアミスになるし
混雑時は絶対避けたい道だなあと

主人が無理にお前が運転しなくても
俺がいるから。。とは言ってくれたけど

いつまでも・・
というわけにはいかない、現実があるしね


最後は自宅ガレージに車庫入れ
車庫の入り口右に電柱があって 邪魔だ!って
日頃思っていたけど
これが車庫入れには重要アイテム
電柱を目印に車寄せて・・
クリープ現象で車庫入れ。。ができない
段差で動かなくて軽くアクセル踏むんだけど
前輪で止まった時
怖くて踏めない 
だって。。強すぎたら家、壊れる

で中途半端な踏み込みしたら
車がゆりかごのように前後に揺れるし

今回のドライブで何が一番
怖かったのは明石までのルートではなくて

自宅への車庫入れだった
AmazonのpライムDVDで
無料で視聴できると、聞く

懐かしのDVDがたくさんあって 見るのが楽しみ

この中でチョイスしたのが
「黒執事」
以前TVで見ていたけど途中で中断したままなので
一話30分だけど途中で切れるのよね
ダウンロードに時間がかかって

てか、うっとこ光1Gを契約してなかった!?
3年前から

そういえば、去年EOから
「光回線契約していてもLANケーブルが対応してないとサービスが受けられないよ」
というはがきがあったのよね

友人とLANケーブル買いに行きました

今は「カテゴリー6」というケーブルだそうで
2mから1m程度のを数本買い交換しました

速度測定にかけて、楽しみに待つこと数十秒


が~ん!!
なんで・・
どうして??

考えられる事は、やはりあれか・・

「光LINKルータ W200」
2010年の時の無線LANだしな~

大丈夫なんて根拠無く思っていたし
いや、十分カバーできていたから
不満はなかったのよね
DVDをダウンロードして見るまでは

でも光1Gを契約してその対価を支払っている以上
やはり、交換せねば

ということでコジマで購入
高いね・・つい値段で購入してしまったよ
バッファロー無線lan wxr-1750DHP

そして今は


約3倍の速度になっているよね

黒執事もサクサクと見れる

今日は休みだったので
「オペラ座の怪人」もみたよ

今、あれもこれも見たい欲望に駆られて
時間が足りない


ここだけの告白
無線LANの機械へケーブルに差し込めばOK
と思っていた私は大馬鹿者です

るんるん気分でパソコン立ち上げて
ログインやなんやかやと入力求められて
なんで、これ何?

焦ってどうしよう
そうだ サポセンだ!!
と電話したけど21時過ぎの時点でサービス終了してるってよ


富士通では24時間対応してくれてたよね
あれも昔の事だったんだよな~

改めて説明書読んで、(はじめから読め!って自分に突っ込み)
丁寧に入力して行けばすんなり開通しました

今は簡単便利になってるんですね

先日 テレビの録画保存とDVDやBD保存について
サポートセンターに問い合わせて
解決した

「我が家は3年前に今住所に引っ越ししたときにスカパーから
eo光に変更した

いわゆる
ケータイ代金が安くなったり(当時そんなサービスあった)
電話テレビパソコンを一括にまとめたわけだけど
で・・何が不便になったかというと
スカイステージ録画ができてもDVDやBDに保存ができないってこと

なんとかできるのではないか。。と思いながら
今日に至る

テレビ、EOチューナー 外付けHDD BDデッキ ポータブルBD
物はそろっているよね
サポートセンターに電話して教えてもらう

私としてはHDDを外してBDデッキチューナーを接続すると思っていたのだが

サポセンは
 「HDDのデーターをBDデッキへ移しディスクに焼くという方法」

LANケーブルをチューナーとBDデッキ接続して
リモコンを操作すると(約30分程時間かかったけれど)
なんということでしょう!!

HDDの宝塚番組が BDデッキ移っているはありませんか
LANケーブルで?
と言うところが、私世代で不思議なんですが」

ということを むぎめっこに書いた
主に宝塚スカイステージがメインだったので


でもeo光は ネットも契約しているので
次は パソコン関係のお話
帰りのコースは 
南国インターまでは娘が運転

そこから我が家までは全線私が運転した
なんとか日暮れまでには、大阪に着きたい気持ちで一杯

帰宅当日は月曜日で道路事情から車一杯で
知らない道を暗くなって走るのが怖い、から

高知道ではやはり大豊区間は雪が降っていて山も真っ白
でもこの道は、四国山脈をトンネルで抜けていくので
雪が降っていようが、トンネル内は快適

まさにトンネルを抜けると雪国だったの逆バージョン
孫がいるので休憩には時間をとったけれど
時間が遅れ気味だったので
ひたすら走った

私が瀬戸大橋コースを選択した理由は明石海峡から阪神高速へのルートが
分からない、怖いで拒否したため
あの複雑な料金所やコース取りを高速で通り抜けるなんて
主人が不在な今は無理!
そのため往復とも瀬戸大橋、山陽道、播但連絡道路 中国道コースを選んでいた

が、しかし播但連絡道路で、右と左間違えてしまい、オーマイガ!!
いったん一般道に降りて再度連絡道に入って、娘にナビしてもらいながら
入ったら・・
ここはどこ?

国道2号線って表示されてるし・・
でも有料道路っぽいし・・

結果、私たちが突入したのは
姫路バイパス、神明 第二神明 そして阪神高速だった

ええ・・ちゃんと帰りついたから
この道は明石大橋も山陽道もできてない頃利用していたけど
こうして自分が運転して走るなんて、
いやもう車の多いこと・・すごいよ

走りたくない、ってごねていた阪神高速も
途中から泣き出した孫に、もうすぐ着くからと言っても分からないけど
謝りながら運転したのは
自分でも頑張ったと思うよ


でも課題としてやはり自分で運転して阪神高速と明石大橋は渡りたいな
今度は主人をお供に淡路へドライブに行ってみたい




カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/20 佳瑞実]
[11/21 佳瑞実]
[06/04 APRIRI]
[06/04 hiro]
[05/27 APRIRI]
プロフィール
HN:
APRIRI
性別:
女性
自己紹介:
日常の 出来事、思いつくままに書いちゃいます
バーコード
ブログ内検索
お天気情報
フリーエリア
フリーエリア
合計:無料カウンター 本日:セフレ 出会い 昨日:無料 出会い系 無料 出会いweb制作無料・出会い系熟女アクセスランキング
フリーエリア
フリーエリア
忍者ブログ [PR]

material by: